書籍とは異なり、その時々の必要に応じて引っぱりだしてはページをめくるもの。
読み終わる事がなく、冒頭から読み始めることもない。ベーシックで身近な存在ながらも発見性や何かに気付く事がある。

私自身がものづくりをする上で、何らかの物事に対する引用や手引きはデザインをかたちに表現する上で不可欠であり、原点だと思う。
その原点である行為に因んだ物として辞書 <dictionary> を選び、ブランド名にした。

“女性が美しく装う為に、私なりの工夫と表現方法を考えること” そんなウェアラブルな洋服とアクセサリーや生活そのものを進化させ、つくり続けたいと思う。


“身につける行為”をあらためて考えた際に、服や装飾品自体が完璧であってはいけないと思う。
着ること、身につけることによって完成される美しい洋服やアクセサリーの追求、それは装う人を巻き込む余地をクリエーションに残すことはとても重要な行為であるから…

SS 2011 AW 2010 SS 2010
SS 2009